すっきりフルーツ青汁って産後や生理中でも大丈夫?豆乳割りが効く!

すっきりフルーツ青汁ってダイエットにガッツリ効く青汁ですよね。生理中や産後の、むくみやすい時に飲んでも大丈夫ですよ。

 

ダイエットに効く、という口コミが広がって、すっかり、すっきりフルーツ青汁というとダイエットに効く飲み物というのが定着しちゃってます。

 

とはいっても、すっきりフルーツ青汁は青汁なので健康食品なのです。たっぷりのビタミンやミネラル、食物繊維で野菜不足の食生活を補ってくれるものです。

 

もちろん、生理中や産後のむくみ対策や便秘対策にもバッチリ使えますよ。生理中や産後って、ダイエットも気になる時ですよね。

 

尽きない女性の悩みにも、すっきりフルーツ青汁は使えます。さっそく、みていきましょう。

 

生理中や産後に飲んでも大丈夫?

 

生理中って、どんな状態か、知っていますか?体が妊娠に備えて子宮内膜を分厚くしていたのに、妊娠しなかったら、分厚くなった部分が用済みになって剥がれて排出されます。その時にでる出血のことです。

 

だいたい5〜7日ぐらい出血が続きますね。

 

生理中はやけに食欲が増えて、甘いものが食べたくなったり、またホルモンのせいで皮脂の分泌が盛んになって肌荒れしたり、大人ニキビができたりしますよね。

 

また、太ってしまう、なんて焦る時でもあります。ですが、生理中は体のホルモン変化が激しい時。ダイエットはお休みして、ゆっくり過ごしましょう。

 

産後も体重が気になる時期ですよね。妊娠中に増えた体重が出産後、すぐには戻りません。そのことに焦ってしまいがち。

 

ですが、産後6~8週間は体が元の状態に戻るまでの期間、産褥期といわれて、とても大切な時です。

 

栄養をしっかりとって、ゆっくり休む時です。ダイエットよりもリラックスや十分な睡眠が必要な時です。

 

こんな生理中や産後の期間は、青汁の栄養が体に必要な時でもあります。たっぷりのビタミンやミネラルは、タンパク質や炭水化物の栄養素を十分、活性化させる役割があります。

 

すっきりフルーツ青汁を栄養補給として利用して、生理中や産後のむくみや便秘、肌荒れの不調を乗り越えることができます。

 

女性ホルモンとの付き合い方

 

生理中や産後のむくみや便秘、肌荒れなどの不調は女性ホルモンのせい。女性ホルモンと、うまく付き合っていければ、生理中や産後のトラブルも気にしないですむかもしれません。

 

一つのやり方として、豆乳割りですっきりフルーツ青汁を飲む、というのがあります。豆乳の成分イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、女性の体に効く、といわれてますよね。

 

エストロゲンは女性らしさを作ってくれるホルモンで、ダイエットからみたら「ヤセホルモン」ともいわれています。

 

生理との付き合い方でいえば、生理前のむくみやすい時に、すっきりフルーツ青汁の豆乳割りを飲んで、むくみ対策をしておけば、生理中のむくみもあまり気にならなくなる可能性もあります。

 

産後の産褥期を過ぎるころからも、豆乳割りを利用してヤセ体質をめざすこともできます。

 

すっきりフルーツ青汁生理中産後まとめ

 

生理中や産後のむくみ対策や便秘対策にも使えるすっきりフルーツ青汁は、豆乳割りを利用して上手に女性ホルモンとも付き合うことができそう。

 

すっきりフルーツ青汁をゆっくり飲むことで、リラックスできるよさもありますね。

 

生理中や産後、体調が気になったら、一度、すっきりフルーツ青汁の公式サイトをご覧になると、役に立つ情報もあるかもしれません。

 

>>すっきりフルーツ青汁の詳細はコチラ