フルーツ青汁は危険って噂あるけどホントのところは?

ダイエットや美容・健康維持を目的にフルーツ青汁を飲む人が増えていますが、そんなフルーツ青汁に危険が潜んでいるという噂があるようです。果たして本当にフルーツ青汁は危険なのでしょうか?危険と言われるのは何故なのか?噂の真相を暴いていきたいと思います!

 

フルーツ青汁が危険と言われる原因

フルーツ青汁に危険が潜んでいると噂される原因は一体何なのでしょうか?その原因はどうやらアレルギーを引き起こす可能性のある原材料にあったようです。食物性アレルギーの原因として代表される食べ物または原材料は以下のとおりです。

 

・小麦 ・鶏卵 ・えび ・かに ・乳製品 ・そば ・落花生 ・果物類

 

それでは、フルーツ青汁に主に含まれるアレルギーの原因と言われる原材料とは何なのでしょうか?

 

・大麦若葉 ・クマザサ ・リンゴ ・キウイフルーツ ・バナナ など

 

まず、大麦若葉についてですが小麦アレルギーがある人にとっては心配になる原材料かもしれませんね。小麦アレルギーは小麦に含まれる塩不溶性たんぱく質グルテン、塩溶性たんぱく質アルブミン・グロブミンというたんぱく質に反応する事によって引き起こされます。

 

小麦アレルギー患者には塩不溶性・塩溶性どちらにも反応する人やどちらか片方に反応する人など様々な人がいます。大麦も小麦に近い植物であるため、原材料の表記に大麦と書かれていれば同じようにアレルギーを発症する可能性はあります。

 

しかし、大麦若葉には小麦アレルギーの原因となるたんぱく質は含まれていないため、同様のアレルギー発症の可能性は低いかもしれませんね。

 

次はクマザサについてです。アレルギーは非常に様々な原因があり、上記に示した代表的な原材料以外でもお米などのイネ科の植物に反応してアレルギーを発症するケースもあります。

 

よって、同じくイネ科のクマザサに関しても発症しないとは言い切れません。クマザサに関してはアレルギーの他にも注意点があります。

 

それは血栓症の治療を行っている方でワーファリンという薬を処方されている場合、クマザサの止血作用がこの薬の効果を弱めてしまう可能性があります。

 

そして、フルーツ青汁の多くに含まれる果物類に関してです。果物類のアレルギーに関しては、特に花粉症を患っている方は特に注意が必要です。

 

なぜなら花粉症の原因となるアレルゲンと果物類のアレルギーの原因となるアレルゲンが同じ場合があるからです。

 

果物類のアレルギーの特徴的な症状としては、くちびる・舌・のど等の腫れや痒みをはじめ、呼吸器系や消化器系の不良やアナフィラキシーショックを引き起こす場合があります。

 

果物を食べた時に口の中やのど、くちびる等に痒みを感じたらアレルギーの可能性があるので受診する事をおすすめします。

 

まとめ

これまでフルーツ青汁に含まれるアレルギーの原因についてみてきましたが、フルーツ青汁には非常にたくさんの原材料が使用されているのでそれだけアレルギーの原因になる危険性も多くなります。

 

既にアレルギーがある方は表記してある原材料をよく確かめるようにして下さいね。そして、食物性アレルギーは大人になってから突然発症するケースも珍しくはありません。

 

少しでもアレルギーの心配がある方や、今までアレルギーは無かったけど気になるという方は一度医師に相談してから飲む様にした方が危険を感じずに、安心・安全に飲むことが出来ますよ。