フルーツ青汁にカフェインは入ってるの?

近頃、様々な種類のフルーツ青汁が話題になっていますが、フルーツ青汁を飲みたいと考えるのはダイエット目的の方だけではありませんよね。

 

特に妊娠中・授乳中の方にとってはカフェイン入りかカフェインフリーかは重要なポイントになります。フルーツ青汁にはカフェインは入っているのでしょうか?徹底的に追究します!

 

カフェインが妊娠・授乳に及ぼす影響

そもそも妊娠中や授乳中にカフェインはどのような影響を及ぼすのでしょうか?カフェインには血管を収縮させる作用・利尿作用・胃酸分泌・覚醒作用などがあります。

 

このカフェインの作用のうち、血管を収縮させる作用や胃酸分泌の作用は妊娠中には悪影響となる可能性があるのです。妊娠中に血管が収縮するとお腹の張りの原因や赤ちゃんへの血流を妨害してしまう事になりかねません。

 

そして、胃酸の分泌が多くなってしまうとただでさえ悪阻で苦しむ妊婦さんに拍車をかける事になってしまうのです。また、カフェインは母乳に移行するので授乳によって赤ちゃんがカフェインを摂取する事になってしまいます。

 

すると、赤ちゃんの寝つきが悪くなったり情緒不安定になり泣く回数が増えてしいます。赤ちゃんの泣く回数が増えると母親にとってはあやすのに苦労しストレスが増え、最悪の場合育児ノイローゼになってしまうなどの悪循環を生み出してしまう事もあります。

 

これらの理由から、やはりカフェインは妊娠中・授乳中には避けるべき成分だという事がわかりますよね。

 

カフェインが含まれるフルーツ青汁

フルーツ青汁に用いられる原材料の中でカフェインが含まれるのは抹茶・緑茶などです。

  • すっきりフルーツ青汁(抹茶、茶抽出物)
  • めっちゃたっぷりフルーツ青汁(緑茶粉末、緑茶抽出物)
  • めっちゃぜいたくフルーツ青汁(抹茶、茶抽出物)
  • ハッピーマジック(抹茶)
  • フレッシュフルーツ青汁(抹茶、緑茶抽出物)

話題のフルーツ青汁や人気のフルーツ青汁のほとんどに抹茶・緑茶の成分が含まれているようですね。しかし、これらのフルーツ青汁に含まれている抹茶・緑茶のカフェインの量はごくわずかなので1日1杯程度の量であれば妊娠中や授乳中に悪影響が出る程ではありません。

 

カフェインフリーのフルーツ青汁

朝のフルーツ青汁

調べてみた結果、原材料に全く緑茶や抹茶が含まれていないカフェインフリーのフルーツ青汁は1種類だけしか見つけられませんでした。

 

そして、もうひとつ調べてみてわかった事はカフェインが含まれるフルーツ青汁はダイエット効果を期待して購入している方が多いですね。

 

それに対し、カフェインフリーの朝のフルーツ青汁はダイエット効果はほとんど無く栄養素の補給が目的の方向けのようです。

 

妊娠中・授乳中の方にとってはダイエット効果はさほど気にするものではないので、美容効果や栄養素の補給を目的としたフルーツ青汁がちょうどいいかもしれませんね。

 

カフェインが含まれるフルーツ青汁もカフェインフリーのフルーツ青汁も今までの青汁と比べて飲みやすく仕上げられているので、目的や好みと照らし合わせて自分に合ったフルーツ青汁を選んでみて下さいね!