ウォーキングダイエットで痩せるやり方をご紹介

最近、手軽に始められるダイエット方法として、メジャーになってきた『ウォーキングダイエット』ウォーキングダイエットは、特別な道具も必要なく、お金をかけずに気軽に始めることができるダイエットですね。

 

しかし、ただ歩くだけで痩せるの?と疑問に思う方も多いですよね?そこで今回は、そんな『ウォーキングダイエット』のポイントや、注意点などをご紹介していきます!

 

ウォーキングダイエットのポイントは?

ウォーキングダイエットで痩せるためのポイントを、いくつかご紹介します。

正しい姿勢で歩く

ウォーキングの基本は、『正しい姿勢で歩くこと』です。背筋を伸ばして、胸を張り、腕を振って歩きましょう。猫背で、腕もだらっとした状態で歩いても、ウォーキングダイエットの効果はありません。

 

『痩せる!』ということをしっかりと意識して歩くことが大切です。また、ダラダラと歩いていても、ウォーキングダイエットの効果は実感し辛いです。なるべく歩幅を大きく、一歩一歩の踏み出しを速くし、普段歩いているペースよりも、速いスピードで歩くようにしましょう。

歩く距離を決める

ウォーキングダイエットも、他のダイエットと同様に、継続して行うことが大切です。継続してウォーキングダイエットを行うためには、毎回歩く距離をきちんと決めましょう。

 

いつもは2キロ歩くところを、『今日は調子が良いから、3キロ歩こう!』ということはやめましょう。また、毎日同じ距離を歩いていると、日によって、歩き終わる時間が違うことがあります。

 

その日の身体のコンディションによって、歩くスピードが違ったり、だんだんウォーキングに慣れてきて、歩き終わるのが早くなることもあります。

 

この距離に慣れてきたな。と思ったら、少しづつ距離を伸ばしていくことも1つの方法ですが、あくまで、『毎日継続できる距離』ということを意識して、歩く距離を決めましょう。

ウォーキングダイエットは、朝より夜に行う方が良い!?

実は、ウォーキングダイエットは、朝に行うよりも、夜に行う方が良いと言われています。ウォーキングなどの適度な運動を、夜に取り入れることによって、脳がリフレッシュして、ストレスを発散する効果や、寝つきをよくする効果があります。

 

ストレスを発散することは、ダイエットを行う上で大切なことです。また、寝つきを良くし、良い睡眠ができることで、身体をしっかり休息させることができます。

 

ウォーキングダイエットの注意点

短期間で痩せることにこだわらない

ウォーキングダイエットは、他のダイエットに比べて、効果が実感できるまで、ある程度の時間がかかります。短期間で痩せたい!と思っている方には、おススメできないダイエットと言えるでしょう。

 

しかし、ウォーキングダイエットを長期間継続して行うことで、ダイエットの効果を実感することができます。なるべく短期間で痩せたい!という方は、ウォーキングダイエットと並行して、食事制限や筋トレを取り入れるなどしましょう。

転倒やケガ・事故に注意

ウォーキングダイエットは、家で行うことができないため、道路などを歩いて行う方が多いですよね。

 

中には、イヤホンで音楽を聴きながらウォーキングを行う方もいると思いますが、注意力が散漫して、転倒してケガをしてしまったり、車や自転車に轢かれてしまうことがないように、十分注意しましょう。

 

また、サイズが合わないシューズや、ウォーキングに適していないシューズを履いて歩いていると、靴擦れや、転倒の原因になることがあります。ですので、ウォーキングの際には、専用のシューズを履くようにしましょう。

 

 

以上、ウォーキングダイエットのポイントや、注意点でした!みなさんも、ぜひ実践してみてくださいね。