コーヒーにダイエットの効果があるの?

眠気覚ましや、一服の際によく飲まれているコーヒー。毎日飲んでいるという方も、多いのではないでしょうか?そんなコーヒーに、ダイエット効果があることを、みなさんご存知ですか?今回は、コーヒーで痩せる理由や、コーヒーによるダイエット方法をご紹介していきます!!

 

コーヒーでダイエットできるの?痩せる理由は?

毎日飲んでいるコーヒーでダイエットが出来るなんて、夢のような話ですよね。そもそも、なぜコーヒーで痩せることができるのでしょうか?コーヒーを飲むことで痩せる理由は、主に4つあります。

カフェイン

1つ目は『カフェイン』です。カフェインには、脂肪を分解する『リパーゼ』という成分が含まれています。このリパーゼという成分の働きによって、脂肪の分解を助けてくれるというわけですね。

クロロゲン酸

2つ目は、クロロゲン酸という成分です。クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、脂肪の分解を助けるのと同時に、身体に脂肪が蓄積するのを抑制する効果もあります。

血行促進効果

3つ目は、血行促進効果によるものです。コーヒーには、血行を良くする効果があり、身体の代謝を良くしてくれます。身体の代謝がアップすることで、痩せやすい身体に導いてくれます。

利尿作用でデトックス効果

4つ目は、利尿作用によるデトックス効果です。コーヒーを飲んで、トイレが近くなった経験はありませんか?それは、コーヒーによる、利尿作用が関係しています。

 

利尿作用によって、排尿をする回数が増えることで、身体の中の毒素や、老廃物などが排出されます。それにより、デトックス効果が期待でき、むくみなどが解消されます。

 

コーヒーで効果的にダイエットする方法は?

ブラックコーヒーを飲む

痩せるためには、基本的には『ブラックコーヒー』を飲むことをおススメします。ブラックコーヒーとは、砂糖やミルクなどを入れていないコーヒーのことです。

 

コーヒーに、砂糖やミルクなどを入れてしまうと、カロリーが高くなるため、痩せるために飲んでいるコーヒーで、太ってしまうこともあります。ですので、なるべくコーヒーは、ブラックで飲むようにしましょう。

ドリップコーヒーがおススメ

インスタントコーヒーよりも、ドリップコーヒーを飲むことがおススメです!ドリップコーヒーには、インスタントコーヒーよりも多く、『クロロゲン酸』などの、痩せるための成分が含まれています。

ホットコーヒーにして飲む

コーヒーを冷やして、アイスコーヒーとして飲むよりも、温かいコーヒーを飲む方が、痩せるのに効果的な成分である、『カフェイン』や『クロロゲン酸』の吸収率が高いんだとか。痩せるためには、できるだけホットコーヒーを飲むようにしましょう!

 

コーヒーダイエットをするときの注意点

飲みすぎは禁物!カフェインの摂りすぎで命の危険も!

コーヒーを飲んでダイエットをするときに、1番注意していただきたいのが、コーヒーの飲みすぎです。痩せるために効果的な成分である、『カフェイン』ですが、カフェインの摂りすぎは、身体に良くありません。

 

カフェインの過剰摂取によって、死亡してしまった例もあります。くれぐれも、コーヒーの飲みすぎには注意しましょう。とくに、短時間でたくさんコーヒーを飲むことはやめましょう。

 

 

以上、コーヒーダイエットについてまとめてみました!みなさんも、是非お試しください!